顔汗の原因1:運動不足

ちょっとした気温の上昇や運動をすると、突然大量の汗をかいてしまう場合、汗をかく機能が衰えていることが原因になっていることがあります。
汗が出てくる汗腺の中でも、運動後の体温調節のために働く汗腺を「エクリン腺」と言います。
運動不足でなかなか汗をかくことがなくなると、体中にあるエクリン腺の中でも心臓や脳から遠い手足の汗腺は休眠してしまいます。
そうすることで、汗をかいたときに、顔や首に集中し顔汗となります。

 

運動不足を解消!

運動不足を解消することによって、休眠している汗腺を復活させることができます。
そして、汗腺がしっかり働くことで、全身でしっかり汗を出すことができるようになり、顔だけ集中の顔汗も解消することができます。
また、汗腺を復活させることで、乱れた自律神経を整える助けにもなってくれます。
自律神経が原因の顔汗対策にもつながります。

 

運動不足を解消して、全身の汗腺の復活させましょう。
運動の中でも、特に有効なのが有酸素運動。
血行を良くすることで、全身に酸素を届け、汗腺を目覚めさせてくれます。
有酸素運動の中でも、毎日30分のウォーキングがおすすめです。

 

そして、半身浴もおすすめです。
血行と新陳代謝が良くなって、眠っていた汗腺が復活することに効果的。

 

サラフェプラス 顔汗 テサランフェイス 顔汗